TOP > 大阪のwifiの保守サービスについて > 関東と関西ではwifiの考え方に差があります

関東と関西ではwifiの考え方に差があります

大坂はwifiに関しては、東京や神奈川などの関東地区に比較して保守的かもしれません。
wifiは、特定の環境であれば無料で常にインターネットに接続することができるサービスです。
その便利さにはデメリットもあります。
公共のwifiを利用することによって、個人情報がさらされてしまう可能性があるというリスクがあるということです。
大阪の方はそのリスクに対して敏感に反応されている傾向があります。
また、インターネットは基本的に個人で接続契約をしている回線を通じて行うべきものというイメージをお持ちの方も多い傾向にあるかもしれません。
関東と関西の方とでは情報の受けとり方に違いがあることもありますが、メディアなどで流されている情報の内容自体にも差があることにも理由があると言えるでしょう。


カフェや駅構内などで、その空間にいるだけでご自身のノートパソコンやタブレット端末でインターネットを行うことができます。
wifi環境が完備されているカフェなどは毎日盛況であり、今後は更にwifi環境が完備されたカフェや商店などが増えていくでしょう。
大坂の方がwifiに保守的である理由として、カフェなどでノートパソコンを開くことや、タブレットでインターネットを行うことが東京などに比較して少ないことがあるかもしれません。
ビジネスの仕方に違いがあることもありますが、インターネットは基本的にご自宅のパソコンなどで行うものであるというイメージをお持ちの方がおおいのかもしれません。
カフェなどでは、友人の方や同僚の方同士で、じっくりと楽しくお話をする場所というイメージが強いのかもしれません。


wifiに対しての考え方は、インターネットの利用の仕方に関りがあります。
また、プライベートの過ごし方や、ビジネスの仕方にも関係があります。
カフェ等の町中にあるスポットだけではなく、ご自宅でのインターネットの使い方にも関係があります。
ご自宅の中でwifiが完備されていれば、タブレットを持ち出して家の中のどこでもインターネットでお好きなサイトを閲覧することができます。
ご自身のお部屋のみならず、居間でご家族と一緒に過ごされている時も、タブレット端末で常にインターネットを利用することができます。
しかし、大阪の方はご家族で一緒に過ごしている時間は、徹底的にお話を行うことが文化として根付いていることもあるかもしれません。
インターネットのつながったタブレット端末を傍らに置いて、ご家族と話しをするということが少ない傾向にあるということです。

次の記事へ